ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

精神疾患相談コミュニティ「みんなねっとサロン」の勢い止まらない

精神疾患、障害は「みんなねっとサロン」で繋がれ。

f:id:keamanekaigo:20211216212400p:plain

 

 精神疾患や精神障害がある人らの家族向けコミュニティーサイト「みんなねっとサロン」の登録者が、昨秋の立ち上げから1年余りで3千人を超えた。
新型コロナ禍では、在宅のストレスから病気の再発や家族の精神状態悪化も懸念されるが、対面支援が難しい。
サイトは家族同士が匿名でつながれる場として、「同じような経験をしている家族がたくさんいて心強い」などと好評だ。(佐藤健介)
  同サイトは、統合失調症や発達障害、うつ病、双極性障害などの患者家族らでつくる「全国精神保健福祉会連合会」(通称・みんなねっと)が2020年9月から公開。
兵庫県三田市で知的障害者が父親に自宅のおりへ閉じ込められた監禁事件が18年に発覚するなど、家族の孤立が深刻化する現状を受けて企画した。
  利用するには、診断名や治療経過などの情報を登録する(無料、匿名)。
本人の言動や療養などを巡る悩みを書き込むことができ、他の家族の投稿も見られる。投稿の際は「接し方」「お金の問題」といったキーワードのチェックボックスに印を入れることで、立場が近い人同士が互いを探して情報交換しやすいよう配慮。
交流会の案内も届けられる。
  家族の介護や世話などを日常的に担う「ヤングケアラー」からの相談もある。
精神疾患の親の面倒を見る若者から
「結婚したい相手に親の病気のことを話せない」
「自殺企図のある親が心配で頭から離れない」
など、切実な声が寄せられているという。
  同会は「従来支援してきた当事者は高齢層が多かったが、コロナ社会でオンラインが普及し、若者もアクセスしやすい環境が整いつつある」と、利用の広がりを期待している。  「みんなねっとサロン」で検索。同会TEL03・5941・6345
(引用ヤフーニュース)

 

 

どうもケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

感染症対策で相談場所は激減したからネットに相談!!

f:id:keamanekaigo:20211205100242j:plain

相談することが悪ではない。むしろ相談すべき

ちょっと【公式】ケアマネ介護福祉士らしくない発言をしますと、病気に対する接し方や治療方法なんて言うのはお医者さんがシステマチックに教えてくれます。
例えば
『ものすごいスピードで頭の中に考えなくちゃいけないことが駆け巡る。もう頭の中がパンクしそうだ。』
なんていう問いにお医者さんやワーカーさんは
『焦らなくていい。優先順位を決めて、ひとつずつやっていこう』
『優先順位が決められないときはまだ考えなくていい。ゆっくり休んで考えられるようになってからにしましょう』

みたいなことを言うと思います。

でも、実際当事者がそれをできるかって言われればできないんですよね。
具体的な優先順位の決め方とかって人それぞれだし…。
いっぱいいっぱいだから確固たる答えを求めているんですよ。
でも、お医者さんやワーカーさんは直接こうしなさいっては言ってくれない。
そんな時にネットで実際こうしたら楽になった…。
みたいな答えが転がっていれば、取り合えず試すことはできますよね?
答えが
答えが解らないから漠然とした不安に襲われている場合は、一つ一つ試して正解を見つける作業に集中できて不安も軽減できるかもしれません。

 

当事者にしか当事者の気持ちは分からない

これも厳密にいえば、自分の気持ちは自分しかわかならないんですけど、同じ病気を抱えてると共感できる部分は多いのかもしれません。

また、自分の過去苦しんだ症状ならアドバイスができるかもしれませんし、だんだん良くなっていってる人を見て希望が持てるかもしれません。

当事者の気持ちを家族でも理解できない

家族だからこそ理解できない…。
認めたくない部分って言うのはあると思います。
自分の家族に限って…。
みたいなね…。
精神疾患は甘えだとか、育て方が悪かったとあくまで病気ではない。
気の持ちようだという方も全然多いです。

特に身内には厳しい人って多いですね。
田舎も世間体を気にしすぎるあまり、病気になっても支えるどころかムチを打って外へ出したり、出せる状況じゃないくらい病状が進むと監禁して、家に居ないもんにしたり…。
だから上記のような事件が起こる訳で…。

本人はこれだけつらいんだって言うのを家族が確認する場所

こういった悩みの相談サイトって、家族さんにも見て欲しいんですよね。
で、もうなにも言えない状況になってしまっている大事な家族の考えている事だったりを見て欲しい。

家族からどういわれて救われた…。
どういわれて追いつめられた…。

一緒に住んでいる家族が病気を病気として認めれば強い味方ですが、認められない家族は時として敵の一人になります。

それでなくてもうつ病等の疾患は定期的に周りが全部的に見えます。

何らかの恐怖症だって、
『誰だって苦手な事や怖いこともある。そんなの甘えだ!!』
って言って粗治療する家族と、
『一緒に一歩ずつ…。止まってもいいし、引き返してもいい。』
って寄り添う人では病状の治り具合が大きく違います。

まず治療は医療機関がやる事で、家族が粗治療したっていい結果は生みませんからね…。

 

不安を打ち明けるだけでもいい。当事者も、家族も…

f:id:keamanekaigo:20211203230531j:plain

管理運営がしっかりしているから安心して…

精神的に不安定になったり、家族もどうしていい瓦かないってなった時に、運営者がどこの誰かもわからないサイトに書き込んだり、うっかり個人情報を特定されそうな情報を載せてしまったりすることもあるでしょう。
普通じゃ考えられない所まで書いちゃう…。
当事者はもう病気によってその辺の判断が付かなくなるくらい不安や焦りに悩まされているかもしれないし、家族もそうなってしまうかもしれない…。

そんな時にも運営者が安心できるところの方がいいですよね…。
なによりも、適当なところにかき込むと
『みんなでやれば怖くない』
『練炭あります』
『車有ります』
みたいな話になりかねませんし、それを募った挙句に卑劣な犯罪行為を行う輩も世の中には出てきました。

下手なところにかき込むくらいならこういったちゃんとしたところが運営している所で相談しましょう。

 

【公式】ケアマネ介護福祉士的に新型コロナウイルス感染症によってネットで解決できる事が増えたけど取り残された人も増えた

f:id:keamanekaigo:20211203230607j:plain

実際、このコロナ過になってから人流を抑えるためにネットでのコミニケーションが一気に増えたのか、もとからあったのかはわからないんですけど一気に頻度や人口が増えたような気がしますね…。
【公式】ケアマネ介護福祉士も、ブログの宣伝活動のためであってコロナだからって訳ではないですが、Twitterの他にInstagramも始めたし…。

え?見たい人はコチラをチェック⇩⇩

https://www.instagram.com/kousikikeamanekaigofukusisi/


そういう広い意味でSNSが普及して、悩みを吐き出しやすくはなりましたよね…。
高齢者もSNSへ参入して…。
昔、ネットは詐欺の温床で個人情報がーみたいなことを言っていた人もガンガン入ってきて、詐欺に合っても気づいていない人とか多いんだろうし、個人情報を漏洩しまくっている人も多いんだろうなと思うんですが…。
そういう意味でも、安心したサイトを紹介していくべきだし、ネットリテラシーや怪しいサイトの見分け方講座とかが必要なんだろうって思ってしまいますね。

まあ騙されていることに気づいていないからわからないんだろうけど…。

そんなみんなねっとサロンへの登録はコチラ⇩⇩

minnanet-salon.net

  この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて【公式】ケアマネ介護福祉士が受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

 

 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓