ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

介護のIT化をパナソニックが中国で提案するのは日本が遅れている証拠

介護IT化をパナソニックは中国で提案。日本の遅れに三行半の現状

f:id:keamanekaigo:20220222213526p:plain

2021年7月、中国江蘇省宜興(ぎこう)市に、健康養老コミュニティ開発会社である雅達国際ホールディングスと共同で、「雅達・松下社区」と呼ばれる「健康・養老都市」を開業した。

合計1170戸を計画する高齢者向け住宅に、パナソニックの独自技術を採用した最新設備が導入される。

テーマは「健康」。

例えば、手すりについた指紋センサーで人を識別し尿検査や血圧などの健康状態を測定できる高級トイレや、寝室の明るさを自動で調整してくれる照明システムなどが採用されている。

快適な暮らしの中で、自然と体調管理ができ病気のリスクを減らす。

高額だが人気は高く、先行して販売した一部の物件はすでに完売している。

 


社会問題が顕著な分野に対する政府の姿勢


目玉は快適睡眠システム。日々の睡眠状態を測定し、「照明」「空調・空質機器」「その他の住設機器」に制御をフィードバックする「IoT住宅設備」だ。 日本で長年開発してきた技術が原型となっており、北京の実証実験センターで中国人の高齢者を被験者に効果を実証したうえで、導入へと踏み切った。

このシステムは日本ではまだ商品化されていない最新技術が用いられている。

なぜ日本に先駆けて中国市場に投入したのか。

同社の代表取締役副社長で中国・北東アジア総代表の本間哲朗氏によると、スマート技術は日本の高齢者分野では使われにくいが、すでに複数のIoT住宅設備が市場に導入され、国民の誰もがスマホを使う中国では、導入上のハードルが低いという。

デジタルリテラシーが比較的高く、イノベーション上の失敗に寛容である中国の特質を活かしながら、顧客価値が確立した商品については、日本や他のアジア諸国への展開も視野に入れている。

中国政府は、社会問題が顕著な分野に関しては、過度な規制をかけず、イノベーションが生まれやすい環境を整備することで、新しいビジネス、サービスの誕生を促し、さまざまな社会問題が解決へと向かうことを期待している。

これらの分野は、日本企業にとって大きなビジネスチャンスとなるだろう。

 (引用ヤフーニュース)

どうもケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

今すぐコチラをブックマーク&毎日読むだけで、介護福祉士、介護支援専門員の試験勉強、職員スキルの向上が目指せます。

今すぐブックマーク⇩⇩

keamanekaigo.work

 

 

Instagramのストーリーで毎日ブログをお届け中。

登録するだけで、アナタはレベルアップ確定!!

https://www.instagram.com/kousikikeamanekaigofukusisi/

 

f:id:keamanekaigo:20220103113319j:image

今年から本気で物乞い始めます⇧⇧

(ペイペイID keamanekaigo)ペイペイIDは➡https://qr.paypay.ne.jp/sKTsvMpH5bdyssP5

  

日本企業大手のパナソニックが介護分野へ参入も、場所は中国…

f:id:keamanekaigo:20220205165133j:plain
日本で試験運用はしていた?

日本の電機産業大手パナソニックさんが手すりで個人を判別したり、排尿のついでに検査してくれる等々、日本では取り入れていないハイテクな機器を満載した住宅設備を引っ提げて、「IOT住宅」を販売するって事みたいですね。
ちなみに目玉の睡眠支援システムですが、既に日本でも実証実験はしており、「ポラリス×リーガロイヤルホテル」の取り組みでも実装されているんですよね。

(ポラリスとリーガロイヤルホテルのコラボ記事はコチラ⇩⇩)

 

keamanekaigo.work

keamanekaigo.work

 


眠りの状況を記録して、それに合わせた証明や温度等々を全てIOT機器が適切な環境を用意する。

もうほんと近未来的なシステムで、多分ですけど我々中年世代が思い描いた21世紀っぽいアイテムですよね?

これがなんと中国でパッケージ化されて物件まるごと商品化されるって言う事みたいです。

日本の大阪が誇る一大電器産業のパナソニックなのになぜ中国で商品化するのでしょうか…。
今回はその辺を【公式】ケアマネ介護福祉士的に推察していきましょう。

 

日本で実験はガンガンやっているのに…

日本で、パナソニックさんはトイレの回数やドアの開け閉め回数を把握して、ケアマネや主治医にデータを送り、在宅介護における情報を単純に生活しながら出来るシステムを作って、試しているんです。
でも、それを全国展開も商品化もしなかった…。
まあそりゃあ理由は一つしかなかったんでしょうね…。

日本じゃお金にならない

f:id:keamanekaigo:20220119212611j:plain

日本じゃ欲しがる人がいないから…

日本では売れる見込みがなかったから商品化しなかったんでしょうね。

なんで日本では欲しがる人が居なかったのか?
そりゃあもう介護保険があるからでしょう…。
中国のように介護保険なんて仕組みがほとんどなく、自分でどうにかしなくちゃいけない人たちだらけです。

一人っ子政策も響いた?

今は緩和され始めましたが、もうすぐ高齢者となる人たちの多くは一人っ子政策真っただ中の人達。
子供が居なかった分お金もある程度はある人たちが多い。
でも、子供も兄弟も、頼れる血縁関係が薄いので基本的に自分たちでどうにかしなくちゃいけない年代…。
実際日本も全然そういう状況なんですよね…。
両親の面倒を子供が一手に見なくちゃいけない。

日本の場合、介護保険が有るので介護が必要になってもある程度安価でサービスを受けられる。
ただし、国に認められたサービス以外はやっぱりそれなりの負担…。
場合によってはその介護費用すら子供たちが負担しなければいけない状況が今の日本です。
正直今の高齢者さんは厚生年金貰いまくってる勝ち組世代なので今から介護が必要になる高齢者さんはそれなりにサービスを受けられます。
ただ、それは厚生年金をもらっている人たちの話…。
国民年金の人は貯蓄がなければ結構キッツい生活だろうし…。
あと5~6年後には厚生年金も楽に生活を考えられる額としては少ないし、サービスは高くなってるし…。
みたいな人達が出てくるだろうなとは思っていますが…。

中国も貧富の差が激しいようですが、富裕層だけ見れば、子供たちに迷惑をかけないようこういったIOT機器満載の住宅へ富裕層の高齢者…。
住み替えて家族がいざ何かあった時にすぐ気づいてもらえるような体制や、健康管理の補助をしてくれるIOT機器住宅への家族住み替えなんかも十分に検討できる…。

それに比べ日本は勝手なイメージですけど、最近ようやくIOTによって『快適』や『便利』な生活は段々と浸透してきましたが、『健康』にお金を使おうって言う人はあんまりいない印象なんですよね…。

 

日本で実験した結果を引っ提げて中国で販売

f:id:keamanekaigo:20220126211441j:plain

技術も成果も海外流出…

すごい残念な話なんですけど、高齢社会が深刻化している日本において、本当であれば世界の先端でいろいろな取り組みをしなくちゃいけない状況…。
その取り組みを日本企業が、中国で展開…。
せっかく日本が作り上げた技術や考えも全て日本の社会に還元されることなく先に輸出してしまう…。
この取り組みがグローバルスタンダードになった時、介護業界の先進的な取り組みを行う中国ってなるのがちょっと悔しいですね…。

【公式】ケアマネ介護福祉士的に、日本企業が日本でいろんな実験をして、海外にその技術をって実験場ですか?

f:id:keamanekaigo:20220208212717j:plain

別に批判をするわけじゃないし、臨床とはいえ、技術を日本で試す。
一定の成果が上がった。
それを儲かる所に売りに行くのは当然だから何とも言えないんですけど…。
なんかつらいなあ…。
しかも富裕層向けだろうなっていうパッケージ住宅を中国で売れ行き好調なのにもかかわらず、日本では売れないと判断して販売せず…。
いや、いいんですよ?
企業さんが利益あげなくちゃいけないのは当たり前のことだし、パッケージ化して大赤字出して倒産とかしたらそれこそ大変な企業さんだし…。

その辺を考えると何とも言えないなあと思いながら…。
富裕層向けの住宅が日本の経済状況にかみ合ってないけど、中国では売れる見込みがある…。
それがちょっと悲しいなって感じです。
しかもめちゃめちゃ豪華絢爛とかじゃなくて、近未来的な住宅とシステム…。
先行投資的に実用化を日本で目指せなかったっていうのがなんかお先暗い感じを受けてしまいますね…。

経済が遅れると、こうやって介護等々のインフラも遅れていくんだなあってちょっと悲しくなりました。
めちゃめちゃ順調だったら日本で試験的に実用化して、携帯や電車みたいな扱いで、官民一体みたいな取り組みになったかもしれないのに…。

このニュースを見て、日本の立ち位置を日本企業さんから教わった感じの【公式】ケアマネ介護福祉士なのでした…。

 

 

この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて【公式】ケアマネ介護福祉士が受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

 

 

 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓