ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

一割しか算定出来ていない上位入浴加算でデイは実質減算

上位入浴加算は実質減算。1割しか算定していない現状

f:id:keamanekaigo:20211105095618p:plain

特養の経営者らで組織する全国老人福祉施設協議会が公式サイトで、会員を対象とした「加算算定状況調査」の結果を公表した。

今年7月サービス分の実態を探った最新のデータだ。
 
通所介護をみると、入浴介助加算を算定している事業所は全体の98.3%。

内訳は加算Iが88.2%を占め、加算IIは10.1%にとどまっていた。

 

地域密着型通所介護も同様の傾向。

95.8%が入浴介助加算を算定しているが、そのうち加算IIは10.2%となっている。

 

この調査は今年8月に行われたもの。

全国老施協の会員のうち、通所介護1564事業所、地域密着型通所介護334事業所から回答を得ている。

 

入浴介助加算をめぐっては、今年4月の介護報酬改定で上位区分として「加算II」が新たに創設された。

これに伴い、従来区分の「加算I」の評価が10単位の引き下げとなった経緯がある。

 

調査結果の自由記述では加算IIについて、

「人員面や労力面、コストを考慮すると算定は困難」

「加算IIの希望がない、ニーズに合致していない」

「家族やケアマネへの説明、理解が難しい」

などの意見が多い。

「実質的な減算・マイナス改定」

「収入が低下した」

との声も寄せられていた。

(引用介護joint)

 

どうもケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

実質入浴加算減収入?どんな加算?

f:id:keamanekaigo:20211103213449j:plain

加算要件はコチラ⇩⇩

keamanekaigo.work

keamanekaigo.work

keamanekaigo.work

詳しい事はちょっと省きますけど、ざっくりいうと自宅で入浴できるように訓練計画を専門職が作って元気になってもらいましょう。

みたいな加算になります。

加算の高い壁

専門職が関わらなければならない。

自宅の入浴環境を確認しなくちゃいけない。

訓練計画を作る…。

LIFE登録ももちろん必須

それでもらえるのは一人当たり100円…。

専門職を残業させてまで取ってプラスになるのかな?っていう加算ですね。

 

 

実際1割しか算定出来ていない実質減算

f:id:keamanekaigo:20211103212902j:plain

実質減算なのは間違いない

1人当たり100円しかもらえないのにその手間を考えるととても算定するのはしんどいですね。

特にデイサービスでは利用者さんがいる間に書類を作成とか絶対無理です。

利用者さんの自宅を訪問するのだって、一旦利用者さんを迎えに行った後に、もう一回利用者さんを連れて自宅に戻って調査とかおかしな話でしょう?

そうなれば利用者さんがデイサービスを使っていない日に見に行くっていうのがパターンになりますがそれも大変なんですよね…。

 

そこまで人員を割いて算定してもプラスにならない単位数…。

お風呂を見に行く時間。

書類を作る時間。

リハビリをする時間。

LIFE登録する時間。

それで100円は算定する意味がないのは確かに間違いないですからね。

 

その割に穴だらけの上位加算

f:id:keamanekaigo:20211024223232j:plain

特養でも算定可能

これがちょっとおかしいよなあと思ってしまう所ですよね…。

施設のお風呂場でもできるだけ自力で入れるように訓練しましょうって名目で算定できるんですよね…。

【公式】ケアマネ介護福祉士的にはどうなんだろう…。

なんで自宅でのお風呂と施設でのお風呂を一緒にした算定基準なんだろう…。

ハードルが違いすぎるんじゃないかなって思うんですけど…。

施設だったら入浴状況は一定だし、計画もある程度テンプレート化できる。

訓練だって、集団的に行える…。

その辺を考えるともう労力が全然違うのでどうなのかなって思っちゃいますね…。

 

【公式】ケアマネ介護福祉士的には本当にただの減算…。

f:id:keamanekaigo:20211024213950j:plain

めちゃめちゃ厳しい算定だなあとは思っていましたし、ケアマネジャーをやっているとどこの事業所が算定しているかも把握しますからね。

1割と言われればあぁそういわれればそうかも…。

位の感覚です。

確かにデイサービスなんかはもともとのLIFE加算算定すら取っていない事業所がほとんど…。

その他に入浴加算を取ろうなんてデイサービス単体の事業所では不可能に近いですね…。

超大規模な事業所で、何とか職員をやりくりすれば何とかなるかもしれないですけど、小規模のデイサービスや単騎の事業所はLIFE加算を取るのもキツイ…。

LIFE加算は最悪管理職や経営者が夜なべしてカタカタ入力して何とかとれるかも…。

位の話ですが、入浴加算に関しては一人でどうこうできる加算ではないですからね…。

 

ホントただの減算…。

 

しかも一人10単位…。

100円という微妙な金額で減算してくるのはホント上手いなあと思ってしまいます。

こうやって生かさず殺さず的な感じで社会保障を真綿で首を絞めるかの如く削っていくんですね…。

 

デイサービスをじわじわ削って大規模集中…。

デイサービスって地域密着なんだけどな…。

 

難の特色もない小さな会社はどんどんつぶれていくビジョンだなって思う【公式】ケアマネ介護福祉士なのでした。

 

この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて【公式】ケアマネ介護福祉士が受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

 

 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓