ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

日本人初プロゲーマーの梅原氏は元介護職員で、介護のすばらしさを語る

介護職から日本人初のプロゲーマーになった梅原氏が語る介護

f:id:keamanekaigo:20210902211155p:plain

プロゲーマーの梅原大吾氏はTwitterにて、愛知県の公式介護職サイトに自身の介護経験を語ったと報告。

ファンから大きな反響を集めています。

プロゲーマーとして活躍し続ける梅原氏日本人初のプロゲーマーとなり、現在も『ストリートファイターV』シリーズを中心に第一線で活躍する梅原氏。

しかし勝負の世界に疲れてしまった同氏は20代前半にゲームの表舞台から離れ、職を転々。

数年後にはまったく未経験だった介護業界に飛び込んだ時期があります。

今回、愛知県の公式介護情報サイト「介護の魅力ネット あいち」に掲載されたコラムは、その時の経験を語ったもの。

梅原氏は介護の仕事について、「闘うという感覚が全く無く働けたので、自分にとってすごく安心感というか癒やしがあった」とコメント。

介護の仕事が大変だった記憶は無いとし、「本当に初めて、自分が追い詰められたり、嫌な気持ちにならない仕事だった」と振り返ります。

また入居者が語る、まだ若くて元気に動けた時期の思い出を聞くうちに、自分の若さがずっと続くわけじゃないとも。

そこから「いつかは死ぬし、死ぬ前に自由がなくなっていく。とにかく、やれるうちにやりたいことを一生懸命やろう」という考えに至ったそうです。

そんな日々の中で梅原氏は、友人に誘われて訪れたゲームセンターで長年離れていた格闘ゲームに再会。

ブランクをものともせずに勝利を重ね、当時稼働していた『ストリートファイターIV』の全国BPランキングで1位に輝きます。

「やりたいこと」を見つけた梅原氏は介護職を離れてゲームの世界に復帰し、その数年後にはアメリカの企業と契約してプロゲーマーに。

「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」としてギネスブックに認定されるなど、現在まで幅広く活躍されています。

 

◆梅原氏の視点で語られる、介護職の世界

人材不足が深刻化する介護職について梅原氏は、勝ち負けの無い世界で生きたい人は取り組んでみてはどうかという、新たな視点を投げかけています。

なにかと「競争」が叫ばれる現代社会ですが、全ての人間が競争を好むわけではありません。梅原氏は、自身は介護の専門家ではなく働く期間も短かったと前置きしながらも、「自分のような社会に馴染めず、争いごとが嫌いな人は世の中に大勢いると思います。

(中略)そういう人たちが、もし自分に合う仕事が無いと思ったら、介護の仕事に取り組んでみるのもいいんじゃないでしょうか」とコメント。

勝負の世界を走り続ける梅原氏ならではの視点を受けて、Twitterでは

「悔いなく生きるということに重みを感じる」

「こんな考え方もあるんだ」

「介護職の魅力を発信してもらえて嬉しい」

といった、様々な声が寄せられています。

コラムの全文は、愛知県公式介護情報サイト「介護の魅力ネット あいち」よりご覧ください。

(引用ヤフーニュース)

 

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

元介護職員だったプロゲーマー梅原さん

f:id:keamanekaigo:20210809101316j:plain

梅原さんとはそもそも?

ファンの方々ごめんなさい。【公式】ケアマネ介護福祉士はちょっとその辺疎くてよくわかっていません。

アルコアンドピースさんが好きなので勇者あああという番組で板ザンさんていう人は何度かお見掛けしましたが、ちょっとこの方はホントになんとなくしか知りません。

そんな感じの人がいるっていう程度…。

よく考えればプロゲーマーの人ってようやく記憶の引き出しから言われればなんとなくそうなのかもみたいなくらいしかわからないですね。

 

そんなゲームの世界で争っている梅原氏が介護業界は戦わなくて済む居心地のいい職種と言及

あー。そんな風に見える梅原氏はきっと心優しい人なんだろうな…。

そう思ってしまいます。

【公式】ケアマネ介護福祉士は正直そうは思えないのが実情ですね。

この仕事を続けてもうすぐ20年ほどになりますが、毎日が戦いっていう気がして辛かったのですがよほど梅原氏が働いていた所は境遇がよかったのかなと思ってしまいます。

 

介護職が毎日戦いだという理由

f:id:keamanekaigo:20210902214323j:plain

不規則勤務との闘い

コレは特養とか小多機とかの夜勤が絶対あるような職種に限りですが、早番、日勤、遅番、夜勤が少なくともあって、それ以外にも半日や、準早番、準夜勤なんかが入り乱れているのが夜勤従事者の宿命です。

正直な所、『明日早番だなあ…。嫌だなあ…。』くらいになるまで行かないと寝れなかったらどうしよう…。遅刻したらどうしよう見たいなプレッシャーで押しつぶされそうになります。

出勤するという当たり前の行動にすらプレッシャーを感じたり、上手く体調が合わせられなくて精神的に辛くなる人も多いですね。

【公式】ケアマネ介護福祉士も、長年やっていましたが本当に体がおかしくなっちゃうなっておもいながらやっていました。

布団に入ってお休み三秒。いつでもどこでも寝れます見たいな人じゃない限り結構プレッシャーを感じてしまいます。

出勤をするという事自体も自分との戦いです。

まあ人と何か数字を争うわけじゃないのでそういった意味では気分的に楽なのかもしれませんが…。

 

資格取得との闘い

これも大きな戦いです。

無資格で介護業界に入った場合、今年からはちょっとした認知症に関しての養成講習を受けないと現場に入れません。

更に、昇進や待遇を上げるのには間違いなく資格が必要になります。

その資格取得の道はもちろん勉強…。

社会人をしながら勉強って結構きついんですよね…。

【公式】ケアマネ介護福祉士もやっていましたが、仕事と勉強。

更には家事育児をこなしながら試験に挑んだり、資格取得に向けて課題を提出したりとやってられない部分は大きいです。

そんな中でも学習時間を作る事自体が大きな戦いです。

 

職員同士のバトルは必死

コレは職場によってあったりなかったりする可能性もゼロではありませんがほぼ間違いありません。

残念な話ですが、介護職員が退職を考える理由ナンバーワンは職員や上司との人間関係に行きつくハラスメントが原因との事…。

(詳しくはコチラ⇩⇩)

keamanekaigo.hatenablog.com

それでも介護業界で長く生き抜いていく手段は人それぞれだとは思います。

例えば

①もう職員同士の会話は仕事のみで距離を思いっきりおいて自ら孤立する。

②一番強そうな派閥にすり寄る。

③職員全員大好きだよ?みんなで仲良くしようよというスタンスを取る。

大体こんな感じで逃げ切ろうとしていきます。

あっ…。

コレはあくまでもエビデンスゼロの【公式】ケアマネ介護福祉士が唱える人間関係に悩まないで介護業界を乗り切る方法なので、他の方法を使える介護職員さんは是非メッセージなりツイッターのリツイートなりをお願いいたします。

(一番ははてなブックマークがてらメッセージをくださるのがうれしい限りです。)

そんな女性優位の社会で生き抜くのは大変だと思いますが、きっと梅原氏は巻き込まれることなく無事に働きぬいたのでしょう。

ちょっとうらやましい気もします…。

 

ケアマネ介護福祉士的にはどうやって介護業界が争いの無い業種だと思えたのかが不思議なくらい…。

f:id:keamanekaigo:20210731235724j:plain

リップサービスもいい所なんじゃないのかな?

確かに職員との関係は職場に左右されると言えど、ある程度長く介護業界で働こうと思えば資格は必要になる。

資格を取るための勉強時間を捻出しなければならない…。

それに加えて生活を成り立たせるためには夜勤等の不規則勤務にも入っていかなければならない…。

これは変えようのない事実ですからね…。

結構大変だと思うのですが、プロゲーマーになるような努力家の人は苦に思わないのかなあ…。

もう業種がどうのこうのじゃなくて、人として完成されているから問題ないのかもしれないなって思ってしまいます。

これからの介護業界を盛り上げていくにはこのくらいのリップサービスも必要なのかもしれない。

こんなネガティブな意見は発信しちゃいけないのかなと思ってしまう【公式】ケアマネ介護福祉士なのでした。

ちなみに今介護職員へ転職すると様々な給付金によりバブリーな生活が送れる可能性もありますので、真剣に考えている人はコチラの記事をチェック⇩⇩

keamanekaigo.hatenablog.com

更に人間関係で悩みたくない人はコチラに登録⇩⇩

  この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓