ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

どこの病院がいいのか?3つの見分けるポイント

どうも毎日更新継続中のはてなブログ無料版にも関わらずGoogle AdSenseに合格したブログ初心者ケアマネ介護福祉士です。 Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

f:id:keamanekaigo:20200615211429p:plain

 

どこの病院がいいのか?3つの見分けるポイント

 

ほんと頻繁に聞かれる質問です。

これはその病院がどんな病院なのか、どんな専門科があるかによってだいぶ違ってきます。


よく利用者さんの中には「あそこの病院にいって帰ってきた奴はいない。死を待つだけだ。」や「あっという間に追い出された」等々話をされます。
あながち間違ってない場合も有ります。

ではどんな病院があるのかを一つずつ見ていきましょう。

 

①療養病棟

「あそこの病院にいって帰ってきた奴はいない。死を待つだけだ。」
療養病棟といって、病気がもう治らない、家では過ごせない、医療的支援が常に必要。なんていう人が家と同じように療養する病棟があります。
その噂の病院はもしかしたら療養病棟なのかもしれません。
一見すると元気に見える病気を抱えた方が過ごす場所なので、家族で無い方から見たりすると
「あそこの病院にいって帰ってきた奴はいない。死を待つだけだ。」に見えてしまうのかもしれませんね。事実、家に帰れない方が入院するので帰ってきた奴はいないでしょうし…。

 

 

②急性期病院

 

「あっという間に追い出された」
これに関してはすごく簡単です。急性期病院と言って、救急車で運ばれる先がこの病院になります。一日に何台も救急車で運びこまれるという事は一定数入院しなければならない人が出てきますよね?
例えばお年寄りの代名詞「転倒による骨折」救急車で運ばれ、手術をします。
感染症が起きないのを確認したらリハビリの時間になりますが、急性期は病気を治すところなので、リハビリをせず別のリハビリが得意な病院へ転院してもらいます。リハビリまで付き合っていたら、他の入院が必要な患者さんを受け入れられなくなってしまうため仕方の無い事ですよね。

 

③リハビリ病院

 

リハビリ病院ではよく「辛いリハビリを強要される」等聞きますが、リハビリに辛くないものは無いと思ってください。
辛くないリハビリは家に帰す気が無い、家に帰って生活できる病状では無い、または家での生活は無理だと病院が思っているからリハビリの必要性は薄いと判断している場合です。
基本的にリハビリも外科的なものであれば3ヶ月、いくら長くても半年ほどです。よく、「もうちょっと良くなってから家に帰ってきて欲しい」なんて退院を先延ばしにするご家族もいらっしゃいますが、病院側はもうこれ以上リハビリを行っても成果が上がらないと思っているから退院を促します。淡い期待をしないで、家出の生活をどう構築していくかを病院の相談室や、ケアマネージャーさんと話し合いましょう。

「あと2日入院しないと保険金が下りない。頼むから入院させてくれ。」
昔ならの保険は2週間入院しないと保険が下りないなんて事もザラです。普通の方が2週間入院は骨折等でない限り結構重症だと思ったほうが言いですね。
保険を見直す必要がありますが、その話はまた別の機会に…。
ちなみに病院さんにもよりますが、ベッドが満杯に埋まっておらず、入院期間も短い方に関しては保険点数上融通を利かせてくれるところも多いでしょう。

 

どこの病院がいいのか?3つの見分けるポイント

 

結果どこの病院がいいかは人それぞれでしょう。今時はネットで病院の評判を見るもよし、通いやすいところにするもよし、近所の評判を聞くのも全然オーケーです。ただひとつ言える事は何かあったときの為に大きな総合病院を一箇所かかりつけ医としてお持ち頂くのが何かあったら安心ですので、歯科だろうが耳鼻科だろうが何でもいいのでかかりつけを作っておきましょう。

 

ちなみに私はネットの評判はあまり当てにしません。
具合が悪い中、どんな症状でどんな方が、どの先生にどんな時間帯にかかったか不明な事がほとんどだからです。夜間の対応を考えれば救急外来で発熱しており受診。『何時間待たされた』なんて言うのは救急外来でもっと重症そうな人が居たら優先させる(トリアージと言います)のが当たり前なので仕方ないですし、『夜具合悪い中入院の準備までしたのにただ帰された』なんていうのも救急外来お薬1日分しか出せない事も多いですし入院しなくていい状況なら帰しますよ。内科的な発熱や骨折の可能性があっても夜間の担当医が耳鼻科とかならはっきりとした判断は次の日に専門医へお願いするでしょう。

 


よくある総合病院の書き込みとしては『散々待たされた挙句に見てもらえなかった。』というのは広く浸透はしてきていますが、紹介状が無いと受診できませんし、予約日以外に行っても、他の外来患者が居るので診察してもらえないのも仕方ないですよね。更に言えばいつも診察してくれる先生が休みかもしれません。
本当に飛び込みで診てくれる総合病院の先生はご飯どころか水も飲まずにトイレ行く時間を削って何とかあなたを見ている本当にすばらしい先生ですから感謝してください。


私としては病院選びではなく先生選びが大事だと思っており、安心して話が出来る先生を探すいわゆる『病院ガチャ』も仕方ないししんどいけどある程度は必要と思っています。
皆様もいざと言うときに備えて信頼できる病院を探しておくのがベストだとは思いますが、どう考えるかはあなた次第です。

 

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

介護の求人情報30,000件。カイゴジョブ

  無資格、未経験の方、情報だけでも仕入れとこうかと思っている方はこちらがオススメ ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 介護業界初の福利厚生付き転職支援サービス

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

[rakuten:yamada-denki:10431774:detail]