ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

通院命がけ、1カ月分で30キロも 医療的ケアの交換部品郵送を

f:id:keamanekaigo:20200501203546p:plain

通院命がけ、1カ月分で30キロも 医療的ケアの交換部品郵送を

どうもケアマネ介護福祉士です。
Twitter始めました。
こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。
【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ

keamanekaigo.hatenablog.com

通院命がけ、1カ月分で30キロも 医療的ケアの交換部品郵送を

headlines.yahoo.co.jp

記事の要約はコチラ

①オンライン診療が浸透してきたものの、在宅介護に必要な部品購入は『病院に取りに来て』といわれる。

②障害を抱えた母子などはどちらがコロナウイルスに罹患しても死活問題。

③母が罹患すれば障害を抱えた子をスムーズに看病できる人はいない。

④記事の子は気管切開をしており、一か月分処方となると気切に対するケアの必要品が30キロ以上という重量になる。

⑤柔軟に対応していけるよう協議中。

 

通院命がけ、1カ月分で30キロも 医療的ケアの交換部品郵送を

 

今回は気管切開のお子さんが記事になっていました。

現実的に紙上のみでこのケースを考えるとお母さんが急にコロナウイルス罹患。

そんな場合は訪問看護とほかの家族がいれば何とかお母さんの回復を待てるかもしれないケースですね。

もちろん『待てるかも』というだけで、ほかのご家族さんがどの程度看護、介護力があるか?気管切開されているお子さんの自立度等にも大きく左右されますが…。

 

ではお子さんが精神疾患だった場合はどうでしょう?

大多数のご家族ケースで行けば、普段最も多くかかわるのはお母さんであり、コロナによって母のみ隔離…。

お子さんの疾患や年齢によるでしょうがこちらも代替えの介護者はそんなに簡単ではありませんよね?

もしかしたら記事のような医療度の高いお子さんより苦労される可能性もありますね。

私も長い医療・介護現場で働いていましたが、ホントに一か月分とか処方されて、お子さんの車いすを押しながらその場でキャリーバック二個へ詰め替え、バスに乗って帰る方とか何とか自分たちだけでと踏ん張っている方を見ると

『いくらでも障害サービス使えるのにな…。気持ちはわかるんだけど両親に何かあったら生きていけなくなっちゃうよ。』

と無力さを感じたりします。

かといって私にできることは見守ったり、病院敷地内の段差を乗り越えるお手伝いが精いっぱい。

法律の壁以上に私の心にも、患者さんの心にもお

『みえない壁』

があるのかもしれません。

その壁を取り払える日が来るまで私も精進しなくては…。


私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418

三本木さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。
宜しければこちらもポチッとお願いします。


ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック
⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

無資格、未経験の方、情報だけでも仕入れとこうかと思っている方はこちらがオススメ
⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇