ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

シニア向け分譲マンションを高額購入した人がほぼ通る悪夢

シニア向け分譲マンション高額購入後に待ち受ける末路

 

販売価格は1DKで4000万円。
実家を売却し、父の遺産を使えば手の届かない値段ではない。
「三食提供の豪華食堂付き」「眺望の良い大浴場」「24時間看護師が常駐」「訪問介護事業所も併設」といった言葉に魅かれて入居し、当初はアクティブなシニアライフを満喫していた。
  「しかし、そんな生活は長くは続きませんでした。入居して2年目、家の近くを散歩していた母は転倒してしまい、大腿骨を骨折。
寝たきりの生活になってしまったのです」
  介護サービスを利用しながらの生活が始まった。
しかし、自由で気ままな生活を夢見ていた理津子さんは大いに落ち込んだ。
  「これなら最初から老人ホームに入ればよかった……」 
 お洒落な食堂での食事も大浴場も、もう楽しむことができないのだ。
  前出の不動産業者によると「シニア向け分譲マンションは自立している人を前提としているため、基本的に提供されるサービスは相談と見守りだけ」だ。
  「頼めば洗濯や、病院への同行などもしてもらえますが、料金がかかります。介護施設というよりも、一戸建てなどの自宅にいるよりは安心という風に考えた方がいいでしょう。

 

 


結局、介護度が高くなれば、住み続けるのは難しくなります」
  理津子さんのリハビリは遅々として進まず、寝たり起きたりの生活が続いた。
悪いことに、部屋にこもりきりになった影響もあって、半年ほど前から認知症の症状が出始めた。
  「これ以上、ここに住まわせるのは酷だと判断し、有料老人ホームを探すことにしました。分譲マンションは売却もできるので、資金はなんとかなるはずだと踏んでいたのですが……」
だが、この「売却」のハードルが思った以上に高かった。
 第一に、シニア向け分譲は普通の不動産屋では扱ってもらえない。
結局、買った先の業者を通じて売却をお願いするしかなかった。
しかし、思ったような価格では全然、買い手が現れない。 
 「シニア向け分譲マンションは、普通の不動産とは売却ルートが異なります。また、施設によって異なりますが、55歳以上、60歳以上などと所有する人の年齢を制限しているので、基本的にはおカネのあるシニアでないと購入できず、親御さんを入れたい40代の方が買うことはできません。
  さらに現在のブームで次から次へと新しい物件ができているため、古い物件よりも新しい物件のほうが人気があり、中古は売れにくい傾向があります」(前出の不動産業者)  山下さんの物件は、購入価格の半値近くに値下げしているが、いまだ買い手が現れない。
そのあいだも月5万円ほどの管理費や月1万円の厨房費、固定資産税などは取られ続けている。
  「結局、次に移る施設は価格の安い特別養護老人ホームになりそうです。それも順番待ちなので、いつ引っ越せるかわかりません。マンションの売却が決まるまで、いくらおカネが出ていくことやら……」
 毎日のように新聞に載る広告では、夢のようなアクティブライフが喧伝されている。
だが、そんな暮らしは、はかない幻想かもしれない。
(引用ヤフーニュース)

 

どうもケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

今すぐコチラをブックマーク&毎日読むだけで、介護福祉士、介護支援専門員の試験勉強、職員スキルの向上が目指せます。

今すぐブックマーク⇩⇩

keamanekaigo.work

 

Instagramのストーリーで毎日ブログをお届け中。

登録するだけで、アナタはレベルアップ確定!!

https://www.instagram.com/kousikikeamanekaigofukusisi/

 

【公式】ケアマネ介護福祉士に メッセージ付きで応援するボタン

 

今年から本気で物乞い始めます⇧⇧

 

(ペイペイID keamanekaigo)

お手数ですが、募金と思ってペイペイID検索からいくらか送っては下さいませんか?

ペイペイIDは➡https://qr.paypay.ne.jp/sKTsvMpH5bdyssP5

乱立するシニア向け分譲マンション

高齢者向けサービスがついていて安心?

最近の流行りは、都会の一等地にあるめちゃめちゃ高級なマンションとかではなく、割と郊外にある比較的一般の人もギリギリ届くんじゃないかな?
くらいの価格帯が多いみたいですね。
もちろん分譲マンションなので、購入型。
買って、不必要になったら売却すればいいっていう謳い文句。
特にご高齢の方は
借りる=自分のものにならないのにお金を払い続ける=買った方が安い
っていうマインドが根強いです。
人生100年時代と言われている中、定年後すぐから買えば40年近く…。
そりゃあプラスだと思いますよね。
超高級マンションにはかなわないけど割と豪華なラウンジや温泉。
ジムにコンシェルジュ。
いざ介護が必要になれば相談に乗ってくれる人やマンション内に介護サービス事業所も併設されている。
そんな謳い文句ですし、何一つ間違いはないんですよね。
間違いはないんですが、デメリットはもちろん告知してあるはずですが、耳に入らない方が多いのでしょう…。
あるいは耳に入らないように告知するのか…。

ただの分譲マンションだってことを忘れずに…

介護の相談を受け付ける人がいたりコンシェルジュが様々な事を対応してくるって言うのはメリットですが、それだけです。
マンションで一人暮らしを完結させるのには非常に厳しいと思うからこういった分譲マンションに入る。
入ったら安心。
そう思われても大きな間違いです。
ヤフーニュースの引用記事でも転倒を機に、認知症になったため住み替えが必要になった。こうなるなら最初から老人ホーム等を検討しておけばよかった…。
これに関してはご本人、ご家族の中で十分元を取ったと思える年数安心して過ごせたか、それともあまりにも短い年数でそうなったかの違いであって、多くの方々はこうなる事が十分に予見出来ています。
予見していないのは本人、ご家族だけなのかもしれません。

元気なうちは定期的な安否確認をうけられるにしても、転倒や認知症の発症を防げるわけではありませんからね…。

 

トラブルがあれば退去は当たり前

何度も言いますがサービスが沢山ついているとはいえ、ただのマンションです。
しかも分譲マンション。賃貸よりも場合によっては厄介です。
認知症になって他の階層のご自宅へ入ろうとしたり、ゴミをうまく出せなくなったり…。
もちろん介護サービスを受けながらとか、有料サービスを受けながらとかでも一人で周りに迷惑がかからず生活ができればそれはみんなが予想する最高の絵にはなるんですけど、実際そんなにうまくいく事って少ないです…。
人の家に入ろうとする。
もしくは入ってしまった…。
施設においてはトラブル、事故報告のたった4文字で済みますが、コレが一般住宅となれば刑事事件になりますね。あれ?
おんなじ4文字なんですけど意味合いが大きく変わりましたね…。
モチロン施設と違って職員がそうならないようにその都度声掛けとかは無いので、何度も刑事事件になります。
警察もやがて対応が雑になり、結果的に他の住民から苦情の嵐…。
結果退去になりますね…。
家族に迷惑をかけないように…。
心配させないように…。
それを考えてこういったところに入るのは何の解決にもならない事をお伝えしましょう。
賃貸であればちょっと費用はかかるけど、介護が必要になった方々をフロアごとにまとめて…。
とか、ご迷惑を被っている方々にお願いして別のフロアに…。
なんていうもしかしたら柔軟な対応ができるかもしれないし、トラブルを回避する手段が思いつくかもしれない…。
分譲マンションは買った人のものなのでそんなわけにもいかないですしね…。

じゃあどんなメリットがあるの?

一人暮らしができるうちに家族が要らぬ心配をするのは軽減できます。
こういったサービスがあるから心配ないんだよと…。
ただ、本当に一人暮らしが出来るのか心配になる状況であれば最早ただの一人暮らしです。
むしろ住み慣れたご近所さんとか、自分たちの生まれた家とかではない分余計に心配度も増えますし、協力を頼める場所が少ない状態…。
有料サービスや介護保険の限度額をオーバーしててもガンガン頼めば今の所は何とかなるかもしれない綱渡りな生活だと、お財布の心配も出てきます。
お財布に大分余裕があったりとか、家族の過干渉が煩わしい人にはちょうどいい。
高齢者向け分譲マンションなので、子供が同居とかもない…。
一人で自由を謳歌したい人。
邪魔されたくない人はベストマッチですかね?

 

住み替えが大前提なら有効活用?

売却は期待薄?

なるほどと思ってしまいましたが、引用記事にもあるように住み替えする時に自分の所有物件なんだから売ればいい…。
確かにと思ってみていましたが、記事を読んですごく納得…。
確かに高齢者向けのマンションと明確に線引きしているわけだからターゲットはかなり絞られる…。
しかも乱立しているわけだからガンガン新しい所が出来て値段を下げなくちゃいけなくなる…。
しかも、そんな特殊物件だから不動産仲介業者すら見つからない…。
結果、買ったところに安く買いたたかれる…。
素晴らしいスキームが出来上がっていますね。
こりゃあ不動産会社さんもウハウハですわ…。

ピンピンコロリで最期を迎えるのであれば、もともとこういったところに入る必要は無いし、一人暮らしで要介護状態になれば住み替えが必要…。
本当に安心を買うためのマンション購入になるんでしょうね…。
それを売り切る営業マンさんや不動産屋さんてホントやり手ですね…。
尊敬しちゃう…。
まあお客さんが来た時点でメチャメチャ買う気満々のターゲットなんでしょうけれど…。

普通の一人暮らしよりは安全安心くらいの感覚で買えばトラブルは無い

老後を安心安全で心機一転楽しみたい夫婦やお一人暮らしが楽しめばいい

仕事一辺倒だったり、今まで暮らしてきた環境でコミュ二ティが形成できていないとか、周りも高齢になっていて、住み替えを始めているとかで淋しくなっちゃった人とか、あるいはお金持ちで、他の家族が遺産目当てに同居しようという気配…。
揉めないように一人で暮らそうかな?
みたいな人にはちょうどベストマッチですが、そんな人はいないですよね…。

老後は奮発して、ラウンジやジム、コンシェルジュが居る所に住んでみたい!
くらいの感覚ならいいのかもしれません。
都心なら高いけど、郊外なら安いし…。
みたいな感覚で老後の贅沢オプションと思っていければいいのかなって感じです。

 

【公式】ケアマネ介護福祉士的にはそれでも遠い話…

4000万円のマンション買っても老後の心配ないんでしょ…?

4000万円のマンション…。
まず、定年後ですら4000万円なんか無いでしょうね…。
でも世間にはいっぱいいるから乱立するわけで…。
4000万円のローンは老後組めないからキャッシュで持ってるって事ですもんね…。
しかもサ高住ブームのから派生して今は高齢者向け分譲マンションが流行っている…。
マジでお金あるところはあるんだなあ…。
うらやましくてしょうがない…。
既に老後のビジョンで4000万円の家に住み替えられ無い…。
夢すら見られないですね…。

【公式】ケアマネ介護福祉士に無いだけで、皆結構持ってるんだろうなあと思ってしまうのでした…。

【公式】ケアマネ介護福祉士に メッセージ付きで応援するボタン

この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて【公式】ケアマネ介護福祉士が受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓