ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

高齢者をがんや心疾患に仕立て必要ない手術まで…終末期医療に残る深い闇

高齢者の入院はドル箱?必要の無い医療行為だらけの終末医療の闇

f:id:keamanekaigo:20211204130928p:plain

 

 

どうもケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

 

リングドクター・富家孝の「死を想え」

f:id:keamanekaigo:20211204131232j:plain

薬剤混入事件の判決が出た

 さる11月9日、横浜地裁で、入院患者3人を殺害したなどとして死刑が求刑されていた元看護師の久保木愛弓被告(34)に、無期懲役の判決が言い渡されました。

メディアは当初、求刑通りの死刑を予測していましたが、無期懲役になったことで、疑問視する声が上がりました。

なぜなら、被告の元看護師に、精神的な衰弱・異常はなく、「完全な責任能力がある」と認められていたこと、さらに判例から言って「3人以上の殺人は死刑」が通例だったからです。

横浜地検は22日に判決を不服として控訴し、これを受けて弁護側も控訴しました。

 

 事件が起きたのは、2016年9月。病院の4階病棟で、約3か月の間に48人もの患者が死亡していたことが発覚したのです。

久保木容疑者が逮捕されたのは、それから2年後。

当初から関与を疑われていましたが、逮捕された後に「20人くらいやった」と自白したというので、社会に衝撃を与えました。立件・起訴されたのが3人だけだったのは、この3人を除いて、遺体はすべて火葬されてしまっていたため、証拠として鑑定できる血液が残っていなかったからでした。

 彼女の犯行は、患者の点滴袋に消毒液「ヂアミトール」(界面活性剤)を注射器で混入するという、じつに単純なものでした。

しかし、これで患者は簡単に死んでしまいます。

なぜ、彼女はこんなことをしたのでしょうか?

 供述によると、

「自分が担当の日に患者が死ぬと、遺族にいちいち説明する必要があった。それが嫌だった」

とのことですから、驚くしかありません。

(引用部分ヤフーニュース)

とうとう判決が出ましたね。

しかも供述によって犯行の理由が明らかに…。

まさかの死亡時説明が面倒って…。

もうちょっとホントにこんなことがあるなんて信じられないですけど…。

白衣の天使なんてものは幻想であり存在しないって事なんでしょうね。

 

看取りが主要な役割のひとつに

f:id:keamanekaigo:20211203230531j:plain

 事件の舞台になった横浜市の旧大口病院は、多くの終末期の患者を集めていました。

一口に病院と言っても、高度な手術を行っている病院から、回復の見込みのない高齢者の医療を収入の柱としている病院までさまざまです。

がんの終末期ケアに特化したホスピスもありますが、通常医療の範囲で見取りを引き受ける病院もあります。高齢者が多い多死時代を迎えて、旧大口病院と同じように終末期の患者を受け入れる病棟などを持つ病院は少なくありません。

そして、こうした病院に送り込まれる高齢者は、年々、増え続けているのです。

 旧大口病院で起こったことは、殺人事件という特異な事例です。

しかし、日本の終末期医療を見渡すと、今も根深い問題が多く残っています。

生まれた時から使っている医療保険という社会保障制度ですが、金額的には生涯保険利用料の7割は最後の5年間で使うと言われています。

つまり、今の平均寿命が85歳…。

その人が一生涯において使う医療費の7割は80歳から85歳の間に使うって事ですね。

 

女性は出産費用とかあるだろうから7割って本当?

って思ってしまいましたし、なんかどっかで聞いた話でエビデンスは安定の【公式】ケアマネ介護福祉士の脳内だけのほぼゼロですが…。

 

終末期の患者が病院の儲けのネタになっている

f:id:keamanekaigo:20211114214505j:plain

 回復が難しい高齢者を受け入れる病院は、「老人病院」とも言われました。

患者の多くがベッドに寝たきりで、体にはチューブがつながれている人もいます。

直接、胃から栄養を摂取できるようにする「胃ろう」や、静脈にカテーテルを通して栄養を送る「IVH」などの方法で生かされています。

この状態の感じ方は人それぞれだと思いますが、中には「生き地獄」だと言って、「早く死なせてほしい」という訴えを私は何度も聞いたことがあります。

 実はかつて私も、こうした老人病院のチェーンを経営していたことがあるので、事情はよくわかります。

生活するには介護が必要で、自宅でお世話をするのが大変な高齢者などを引き受けます。

こうした高齢者の中には家族にお荷物扱いされている方も少なくないので、ケアに関してはあまり要望や苦情が出ません。

そこで、死期が近づいたら延命のために思い切り濃厚な治療を行えば病院の収入は上がります。

この終末期の医療費問題は最近あまり大声で言う人は少ないですが、実際問題ありますね。

最近で言えば、新型コロナウイルス感染症にかかった人の治療器具が足りなさ過ぎて欧州のある国では75歳以上の方は治療をしない方針をとったりと実際に動き出した国もあるくらいです。

 

【公式】ケアマネ介護福祉士的には積極的な治療を行う事に関しては賛否両論あっても仕方ないわけですけど、緩和的治療に関しては致し方ないでしょう?

と思ってしまいます。

 

生活保護者は病院のドル箱

f:id:keamanekaigo:20211205095504j:plain

 なかには、職員に福祉事務所などを回らせて、家族がいない一人きりの患者を集めているところもあります。

病気を抱えた生活保護受給者は、病院にとっては最高の「ドル箱」です。

すべて公費で賄えるからです。

終末期医療と言えば聞こえはいいですが、死亡時の診療報酬の審査は緩い傾向があって、終末期医療ビジネスが成立する経済的な環境や家族の事情があるのです。

かつて摘発された例では、必要がないのに、がんや心疾患などに仕立て上げ、手術までしていたところがあります。

不正を働いている事に関しては言語道断ではありますが、生活保護がドル箱というのはわからなくもない現状そのものですね。

急性期ではない比較的小さめの有床病院で、何年も生活保護の方が入院しているとかはあるあるな話でした。

今は減算等もありそれほど入院期間を長くとるところは少なくなっては来ていますが、社会的入院は間違いなく存在しています。

この社会的入院の問題として、本人も安定した生活が望め、病院側も安定的な報酬が入る。

国の税金を浪費する結果にはなりますが、病院も入院患者もウインウインな状況という現状に大きな問題があり、解消するのは大変です…。

 

親を入院させておけば、年金でおつりが来る

f:id:keamanekaigo:20211205100242j:plain

 長く医者をやっていると、日本の終末期医療は間違っていると痛感してきました。

75歳以上なら、原則的には医療費の9割は保険が適用されますから、患者側の負担は1割で済みます。となると、入院させておけば年金でおつりが来るケースも少なくありません。

 多くの高齢者を看取っている病院グループの理事長が話していました。

「『できるだけ長く生かしてあげてください』なんて言うご家族は、親の年金をあてにしていることも多いですね。逆にそうでないご家族からは、『本人がつらくないように、楽に逝かせて下さい』と言われます」

 年金の支給日は、月の半ばの15日です。そのため、家族から「15日までは死なせないでくれ」と頼まれたという話もよく聞きます。

これも本当にあるあるです。

【公式】ケアマネ介護福祉士もこの経験は痛いほどあります。

特別養護老人ホームにおいても4人部屋の昔からある特別養護老人ホームでは同じ様に多少のお金余りを発生させる人がおり、

『一日でも長く…』

という声はよく聞きます。

ただ、特別養護老人ホームの場合、入院すると特別養護老人ホームの部屋代と病院代がかかる為、

『老人ホームで出来るだけ長生きできるように…』

という無理難題を押し付けられます。

しかも入院は絶対にしない…。

8050問題が社会的に表面化しつつある現代において、それが悪だとは思いませんが、両親の収入をあてに生きてきたお子さんたちはその後どうなってしまうのかがいつも気がかりでなりません。

えてして、そういった方々はなぜかかたくなに生活保護受給を良しとしない方々が多くく、支援の手が入りづらい事もしばしば…。

孤立して事件や事故にならないことしか願えない特別養護老人ホーム側の人間としてはもどかしい部分ですね…。

 

まあ特別養護老人ホーム自体にはに利用者さんが亡くなった後相談されてもちょっとお手伝いできるシステムもないので何とも言えませんが…。

 

病院を姥捨山にしてはいけない

f:id:keamanekaigo:20211112212242j:plain

 患者の気持ちに寄り添った終末期医療を、誠意を持って本人や家族と相談しながら進めているような病院で、「遺族への説明が負担だ」と言って殺人を起こすような 看護師が見過ごされるでしょうか。

旧大口病院事件は、特異な犯罪者が引き起こした事件で、ご遺族の心情は察するに余りあります。ですが、その背景には、日本の終末期医療提供体制の問題があるように思えてなりません。

問題は散見されている医療業界ではありますが、とりわけ終末期医療には大きな問題があるという事でしょうか…。

確かに今回の事件はおよそ人が引き起こしたとは思えない事件ではありましたが…。

終末期の医療に関しては、家族が良くなると信じて疑わない医療に対してのイメージと、加齢や病状によって終末期であり、積極的な治療をしても苦しめるだけになるかもしれないというイメージ…。

その辺がどうしてもすり合わせられずトラブルになりやすい…。

トラブルを避けるため、家族も精いっぱい尽くしたと思いたいために必要かどうか客観的に考えれば疑問視されるような治療を多くの人達が選んでいるというのが現状。

 

このトラブルまみれな終末医療に関してはシステムだけではなく、医療保険を使う国民全員の意識改革を進める必要があります。

まあそれでも、今すぐ欧州のような考え方を取り入れろは難しい話ですし、これだけ医療が発達した時代にこの欧州スタイルが本当に正解なのか?

 

むしろ正解はどこにあるのか?

本当に正解は用意されているのか?

 

そう思ってしまう【公式】ケアマネ介護福祉士なのでした。

 

この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて【公式】ケアマネ介護福祉士が受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

 

 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓