ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

ワクチンパスポートでフランスはワクチン接種を強制?

フランスはワクチンパスポートでワクチンの接種を強制!?

f:id:keamanekaigo:20210817211109p:plain

8月9日、フランス国民はワクチン接種の事実上の強制化をめぐって二分された。
この日から飲食店や長距離電車などの利用客に、新型コロナウイルスのワクチン接種証明か72時間以内の陰性証明を提示することが義務づけられたからだ。
違反した人には約1万7500円の罰金が科されるほか、店側も業務停止命令や懲役刑などの対象となる。

【レストランの客】

「私はワクチンを打ったからレストランでランチできます。ここに来られない人たちは、そういう選択を自らしたということです」
11月15日までの措置ではあるものの、ワクチンを打った人とそうでない人で、生活に大きな違いが出るようになったのだ。
フランスでは健康保険に加入していると何度でも無料で検査を受けることができる。
しかし、マクロン大統領は、この検査についても、10月中旬以降、処方箋を持たない人を対象に有料にするとしていて、実質、“ワクチン強制法”とも呼べる法律の運用が始まった。
また、10月には、医療従事者や介護従事者に対するワクチン接種の義務化が始まる。
接種を拒むと停職処分になり、給与が支払われなくなる。
マクロン大統領がワクチン接種をめぐって、ここまで大きく強硬路線に舵を切った背景には、止まらない感染拡大とワクチンに不信感を抱く人たちの存在がある。
フランスの一日の感染者数は6月下旬に一時2000人を下回ったが、その1カ月後には2万人にまで膨れ上がった。
インド型変異ウイルス・デルタ株がまん延し、第4波に突入したのだ。 しかし、第4波を目前とした7月上旬の時点では、ワクチン接種が完了した人の割合は人口の4割程度にとどまっていた。
接種に反対する人々が一定数存在し、接種のスピードは徐々に落ちてきていた。  

ワクチン接種の半強制化 慎重派が接種会場に殺到

7月12日、マクロン大統領は医療従事者へのワクチンの接種の義務化と、飲食店や長距離列車の利用などにワクチン証明書ないしは陰性証明書の提示を求める新たな規制を発表した。
この決定は、ワクチン接種を促すのに一定の効果をもたらした。
8月9日時点で、ワクチン接種が完了した人の割合は人口の約56%まで増加。
これまではワクチン接種をためらっていたが、規制強化に背中を押されたという人が押し寄せているようだ。
ワクチンの接種に従事している消防士は「マクロン大統領の発表以降、たくさんの人が来て、忙しいよ。以前は割と落ち着いていましたが、今は1日15時間ぐらい働いてます」と話す。
接種会場にいた人に、このタイミングでワクチン接種を受けた理由について聞いてみた。

【20歳 女性】

ーーなぜ、ワクチン接種を受けたのですか?
「接種証明のためです!もともと、いつかは受けようと思っていたのですが、時間がなかったんです。でも、映画館に行くのに接種していた方が便利ですし」

【47歳 男性】

ーーこれまで接種を受けていなかった理由は? 
「ワクチンが体に及ぼす影響を見極めたかったので、他の人たちの様子を見ていました。今後、10年後、15年後に体にどんな影響があるのか、不安はあります」
ーー今回、接種に踏み切ったきっかけは?
「接種証明があると、自由度が増すので。長距離列車に乗って旅行にもいけますからね」
  やはり、戸惑いや不安はありつつも
「制限されずに“自由”に行動したい」
という思いが接種のきっかけになったようだ。

ワクチン接種の半強制化 「“自由”を奪う」と国民の4割が反対

一方で、接種は受けるが、接種の強制は「“自由”を奪う」と反対する声もある。

【19歳 男性】

ーー接種・陰性証明の提示義務化について、どう思うか? 「接種証明の提示義務化には賛成できません。
自由を奪う政策で、ひどいと思います。
僕は家に引きこもりたくないのでワクチンを受けましたが、みんなに強制するのは違うと思います」
  マクロン大統領が方針を発表した翌日に地元のテレビ局が行った世論調査では、接種を希望する人は79%(前週比5ポイント増)。
しかし、飲食店での提示義務に賛成する人は58%にとどまった。ワクチン接種会場にいた19歳の彼と同じような考え方の人たちが一定数いるのだ。
フランスの世論はいま、真っ二つに割れている。

 

「解雇されてでも反対」 反対派はデモで何を訴えているのか

「マクロン、あんたのパス(陰性・接種証明)は要らない!」 この法律に反対するデモが毎週末、フランス全土で行われている。
彼らはワクチンを受けない自由、生活を制限されない自由を求めて声を上げている。

【38歳 女性】

「政府は全体の利益のためにワクチン接種を促していますが、私は1年もフォローアップされていないワクチンを打ちたくはありません。それに、ワクチンを打った人でもコロナにかかることはあるのに、彼らは接種証明の提示だけで陰性証明を求められないのは、おかしいですよね!」

【68歳 男性】

「証明書の提示は、差別や分離を生むので反対です。私はワクチンを打っているけど、接種証明を持っていない友達に顔向けできません」
さらに、10月からワクチン接種が義務化される看護師の女性は、
「職を失ってでも“自由”を求める」
として、デモに参加していた。

【看護師の女性(58)】

「マスクで予防することはできるんです。ワクチン接種の強制は民主的ではありません。私は看護師ですが、解雇されてでも、反対します」

「自由の国フランス」での“自由”とは

ワクチン接種証明の提示義務化を受け入れることで得られる一定の“自由”を謳歌するのか。 それとも、接種証明の提示で認められる行動の“自由”を犠牲にしてでも、個人の選択の“自由”を求めるのか。
マクロン大統領は、国民からワクチン接種を受けないという
「選択の自由を剥奪していないか」
と問われ、インスタグラムでこのように回答した。

【マクロン大統領】

「私たちは社会生活において、ともに協力し、頼りながら生活しています。自由というのは、一人だけのものではなく、みんなが持っているものです。他人を思いやり、他人の自由も尊重した上で、個人の自由が成り立ちます。ワクチン接種や検査を受けること。それが、責任を伴う自由であり、国民としての自由であるのです」
  「自由の国・フランス」
の国民に突きつけられた、ワクチン接種をめぐる“自由”の選択。 日本でも今後、問われることになりそうだ。

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

フランスでは生活が二極化

f:id:keamanekaigo:20210813232249j:plain

ワクチンパスポート制度が始まる

フランスではワクチンを打った人、または72時間以内に陰性証明書が発行されている人は長距離電車や飲食店に入れますよー。
持っていない人はダメですよー。
というルールが制定され、違反者には罰金まで払う仕組みが出来上がりましたね。

ワクチンパスポートを持っている人と持っていない人では飲食店に入れるか?
電車に乗れるかが大きく変わってきます。
じゃあみんなワクチンパスポートをもらって元通りの生活になるよう急ぐだろうからワクチン接種が進むね?
という政府の考え方でしたが大反発が起きているようですね…。

 

コロナウイルスワクチン接種したくないが6割

f:id:keamanekaigo:20210810211733j:plain
もう打ちたい人は終わっている

フランスはすでに人口の45%がワクチン接種済み。で成人にだけ絞っても57%が接種済みというワクチン争奪の勝ち組です。
フランス国内のアンケートでは6割が接種したくないと話している状況で、ワクチン接種ができる環境が整っているのにもかかわらず事前アンケートでは6割が接種を希望しない…。
せっかく整備されているのに、もう積極的に打ちたい人は終わっている。
国内に打ちたい人はもういない…。
集団免疫獲得の目安といわれている7割にはどうやっても届かないフランス政府はどうにか接種率を上げるために今回の政策を打ち出したようです。

仕方なくワクチン接種を受け入れる人が増えている。

まあ当然といえば当然ですよね?
それがないと外食できないっていう事ですから…。
フランス人には結構耐え難い苦痛なのかもしれません。
おかげでワクチン打ちたくない派の人達も徐々に打ち始め、接種率が50%を超え始めてきましたね。

ただ、それによる大きな弊害も出てきましたね。
日本ではほとんど見られないか、日本語が間違っているプラカードや横断幕を掲げて形だけ行う姿しか見なくなりましたが…。

デモが始まる。ストライキも?

f:id:keamanekaigo:20210709135259j:plain

イタリアでは医療従事者がクビになる問題。

フランスでももめている半強制的にワクチンを打って問題ですが、すでにイタリアでは一足早く法案が成立しております。
イタリアもフランスも病院は国営管理が多いので看護師さんも基本的に国家公務員扱い。
そんな中で、新型コロナウイルスワクチンを打たないと出勤停止。
15日以内にワクチンを打てるような手続きや努力をしないと解雇対象にするという事。
対象となったワクチンを打ちたくないと拒否していた16人ぐらいが集団訴訟に踏み切るようなニュースがすでに出ています。
同じくフランスも国営化されている病院だらけなので同じことをすれば炎上必死でしょう。

日本ではどうなるワクチンパスポート?

f:id:keamanekaigo:20210712211949j:plain

日本も簡単に始められる

日本でも渡航しようとするときに、海外でワクチン接種の有無を確認されるご時世に合わせて
(予防接種証明書)
という形でパスポートに付随する証明書の発行を2021年7月ごろから開始していますね。
今現時点では日本から海外に出るとき必要というだけですので制度を作って運用数のは比較的簡単かもしれません。

 

それでも日本は始めない

それでもワクチンパスポートなんか日本は始めませんね…。
新型コロナウイルス感染症が首都で一人感染したのが発覚しただけでロックダウンするオーストラリアさん…。
そのくらい日本にも決断力があればいいのですが…。
結果は知っての通りロックダウンどころかお願いベース…。
いわゆる自粛の呼びかけ…。
そして蔓延…。
ワクチンパスポートの有無で行動を制限できるお国柄であればもうすでに行っているでしょう…。

基本的にオリンピックの赤字をどうするかが近々のもめごとにもかかわらず、ワクチンパスポートでの行動制限なんかはやっていられないのではないでしょうか…。

【公式】ケアマネ介護福祉士的にはパラリンピック終わったらロックダウンしたら?

f:id:keamanekaigo:20210709100907j:plain

結構無責任に発言しますが、オリンピックやパラリンピックは開催しないとオリンピック委員会に罰金払わなければいけない…。
だからやるしかない…。
まあ仕方ないと思います。
チケット代も入らないわけだし…。
小池百合子都知事も自粛をさんざんお願いして、危機的状況と言っていたのにいざ開催されてしまえば
『盛り上げていきましょう』
まあわかりますよ…。
素直に
『やらなきゃいけないからやりたくなくてもやるしかない。もうやるしかないんだからせめて盛り上げましょう』
とはっきり申し上げたほうが好感度上がるんじゃないかと思っちゃいます。
更に、パラリンピックが終わってからいきなり
『自粛ではどうにもならなかったので…さらなる取り組みが必要』
とかいうくらいなら
『パラリンピックやってる場合じゃないくらい蔓延しているけど、やらないと罰金くるんでとりあえず開催する方向でやります。』
『開催しようがしまいがもうダメなんで開催後、もしくは中止決定後ロックダウンします。』
くらいの事を先に行っておいてほしいくらいです。
そんなこと言ったらオリンピック委員会が黙っていないんでしょうけど…。

  この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓