ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

処遇改善引き上げ頑張るから「職員がやりがいと誇りを持って働け」とさ

厚労省トップまでいうの?『やりがいと誇り』をもって働けってよ。

 

介護報酬改定について、

「(介護職員が)やりがいと誇りをもって働けるよう、必要なものはしっかりと要求していきたい」

と述べ、引き上げへの意欲をみせた。立憲民主党の中島克仁議員への答弁。中島議員は、コロナ禍で介護現場が追い詰められ慢性的な人手不足に拍車がかかっていると問題を提起。

事業所の経営環境の厳しさも増しているとし、

「次期改定でのマイナスは絶対にあり得ない。介護現場を守る立場の厚労大臣として、しっかりと主張して欲しい」

などと迫った。
田村厚労相は11日の厚労委でも、

「新型コロナウイルスの影響や経営状況などを踏まえつつ、介護事業者がしっかりと運営できるような報酬を決めていかなければならない」

と述べていた。

f:id:keamanekaigo:20201116105802j:plain

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

 

処遇改善引き上げを目指している厚労相が介護職員に言及。処遇改善を頑張るからやりがいと誇りを持って働けって?

今回のニュースをざっくり説明すると、中村厚労相が

『介護職員の処遇改善は絶対に必要な事。』

『私達も頑張るから、介護職員はやりがいと誇りを持って働け。』

という発言をしました…。

 

今回はそのことについてケアマネ介護福祉士的目線で考えていきましょう。

 

処遇改善についての行方は?

 最近の厚労省はどうやって介護業界を盛り上げていくのでしょうか?

(詳しい記事はコチラ⇓⇓)

keamanekaigo.hatenablog.com

国から支給される処遇改善交付金…。

この金額を引き上げ、介護職員の給与を他の業界と同等にしようと厚労省は頑張っていますよーとアピールしていますね…。

ですが現実はどうなっているのでしょうか?

介護職員の待遇をよくすると言っている厚労省ですが、財務省からは大分厳しいお話を受けておりますね…。

(詳しい記事はコチラ⇓⇓)

keamanekaigo.hatenablog.com

 

それにしても厚労省のトップすら

『やりがいと誇りをもって働けるよう』処遇改善を要求していくとの事…。

 

一体やりがいとは?

チラッとネットで調べると『張り合い』とか『やりごたえ』みたいな抽象的発言が同異義語として並んでおり、結局何なのかわからない感じですね…。

 

皆さんやりがいを感じていますか?

私は責任からくる重圧以外は感じていないですけど…?

居宅のケアマネになって、

『感謝の言葉』

というキラキラ介護職員が大好物の

『最高の報酬』

と呼ばれているものも頂く機会があまりなくなったのでホントに給料も下がり、やりがいとか感謝の言葉が無くなりました。

ホントにケアマネージャーは減るなあって思ってしまいましたね…。

 

ケアマネージャーは介護職員よりやりがいもさらに搾取?

 

多分財務省にハッキリと

『新たな財源は無いと思え』

と言われている状況…。

ケアマネージャーの処遇改善交付金はおそらくないでしょうね…。

こんなに辛い事ないなあ…。

ケアマネージャーは人数的に減っても、一人当たりが持てる件数は緩和される雰囲気ですのでそれほど大きい影響もしばらくはないでしょう…。

詳しくはコチラ⇓⇓

 

keamanekaigo.hatenablog.com

 

ケアマネ自体が高齢化してもある程度やれる職業ではありますが…。

そのうち独居利用者に関する通院介助や生活援助がケアマネージャーにボランティアみたいな加算で押し付けられそうな雰囲気も漂っている最近の介護業界です…。

ケアマネージャー自体もだいぶ高齢なんですがね…。

それでなくてもケアマネージャーはお金にならない仕事が多かったのですが、加算をつけて更に働かせよう、もしかしたら代わりに基本報酬削ろう見たいな雰囲気があるのかもしれません…。

(詳しくはコチラ⇓⇓)

 

keamanekaigo.hatenablog.com

keamanekaigo.hatenablog.com

 

新型コロナウイルスでさらにやりがい搾取が進んでいる?

f:id:keamanekaigo:20201116150003j:plain

 

新型コロナウイルスによって更に医療福祉関係に従事している職員はより一層やりがい搾取という状況です。

感染症リスクを負いながら、感染すれば

『高齢者、患者を危険にさらすクラスターの元凶』

として扱われる危険性があり、あまり表立ってGoToキャンペーンを使っての旅行や食事を行いずらい環境にあります。

(詳しくはコチラ⇓⇓)

 

keamanekaigo.hatenablog.com

 

世間はクラスターを起こす要因は私達の知識不足かな?

みたいな風潮も漂っているため無理してまで働かなければならない状況ではない扶養内で働く人は離職し始めているのが現状です。

(詳しくはコチラ⇓⇓)

 

keamanekaigo.hatenablog.com

 

介護、医療従事者の皆さんは大多数の方々が感染リスクに怯えながら生活をしており、ニュースで院内クラスターや施設クラスターが起きるたびに肝を冷やしているでしょう…。

明らかに二次感染でうつされた側でも世の中は

『病院、施設の職員が罹患した。あの人たちが悪いんだ。』

みたいな風潮がひどすぎますよね…。

普通に考えて病院なんかは職員が遊び歩いて感染源を持ってくる可能性よりも、体調不良等で病院に来た患者さんから感染するリスクも可能性も明らかに高いのに…。

世間はそうは見てくださらないようですわね…。

国民性と言ってしまえばそれで終了なんですが、この風潮がずっと続いており、新型コロナウイルスが落ち着かない限りは離職が止まらないでしょう…。

インフルエンザや疥癬でさえ、施設クラスターを起こすと居場所がなくなり辞めていく職員も多いというのに…。

更に厳しい条件で職員は感染するなんておかしいみたいな風潮が社会全体に蔓延しているのは、メディアや国の発信方法に悪意があるのではないのかと思ってしまいます…。

 

ちょっと愚痴まみれにはなってしまいましたが、このブログを引き続きみてもいいよと思う人は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇