ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

老老介護、過去最多 在宅の6割に 75歳以上どうしも増 厚労省調査

老老介護、過去最多 在宅の6割に 75歳以上どうしも増 厚労省調査

 

どうもはてなブログ無料版初心者にしてグーグルアドセンス合格したケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

   

老老介護、過去最多 在宅の6割に 75歳以上どうしも増 厚労省調査 元記事

老老介護、過去最多 在宅の6割に 75歳以上どうしも増 厚労省調査 | articles | 介護のニュースサイトJoint

老老介護、過去最多 在宅の6割に 75歳以上どうしも増 厚労省調査 記事要約

①厚労省は『国民生活基本調査』なるものの結果を発表

②要介護者と一緒に暮らす家庭のうち、59.7パーセントがいわゆる『老々介護』状態

③これは2001年から年々増加スピードが上がっている

④配偶者のほか、子供との『老々介護』も目立ってきている

⑤当たり前ですが、介護度が重くなるにつれ、介護にかかる時間が増えてきていることが調査で明らかになったとの事  

老老介護、過去最多 在宅の6割に 75歳以上どうしも増 厚労省調査 まとめ

まあまとめも何もその通りの記事です。

問題はこれから増えていく要介護者と、それを介護する介護者のバランス…。

人員的なものや、年金を含む費用的な問題も含め解決策が見通せないこと自体が最大の問題ですね…。

国は『地域包括ケアシステム』を掲げています。

つまりこれからは『地域で介護しろ』という事。

認知症も、精神障害も、身体障害もすべて

『福祉は地域の問題』

と昭和初期の体制に戻そうと打ち出しています。

昔みたいに子供が危ないことをしていたら近所の大人が叱ってあげる…。

そんな感覚で、地域に丸投げ…。

地域ごとに特色があるんだからその地域ごとに取り組みを考えてやってね?

という事…。

 

大分投げやりな発想ですが、そのための地域包括支援センター創設ですし、もうだいぶ前から掲げている長期的政策なので今更方向転換は難しいですよね…。

実際効果は目に見えなくても

『地域包括支援センター』はしっかり設置されて、

『地域包括ケアシステム』に向けた取り組みや呼びかけ、地域へのアプローチを習慣化できてきている市町村もありますから…。

『老々介護』でも

『認認介護』でも地域が助け合えばその人らしく生きられるでしょう?

という国の理想をどこまで実現できるかは私達介護従事者にかかっているのかもしれません…。

理想的ではありますが、非現実的な事の取り組みを現実的にしていくのが我々の使命でしょう…。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20200418211706j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

介護の求人情報30,000件。カイゴジョブ

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

[rakuten:yamada-denki:10431774:detail]