ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

車椅子は買う?借りる?どっちがお得?

車椅子は買う?借りる?どっちがお得?

ケアマネの説明能力が問われる福祉用具レンタル

車イスやベッド、手すり、起きるとナースコールが鳴るカメラ付きマットや、最近だと、時間になるとお薬を出して『○○さんお薬の時間なのでのんでください』と呼んでくれる薬箱。しかもお薬をしばらく取り出さないと何かあったのではないかと連絡までしてくれるハイテク機器。
でもお高いでしょう?
安心してください。レンタルがありますから。
でも皆さんレンタルは高いと思っていませんか?
もうみんな思います。定価8万円前後の車イスを月1000円前後…。高いですかね?どうでしょう?人それぞれだと思いますが、介護保険は一般のレンタルと違うよって言う事をお伝えします。

 

車椅子は買う?借りる?どっちがお得?

                                                                             

1 福祉用具貸与


車椅子が借りたい等レンタルを考えてサービスを受けに新規利用する方はほとんど居ません。なぜなら多くの高齢者、もう私の考えとしたら日本人の括りになってしまいますがレンタルは高い。と思っているから。
ケアマネが担当する前や、説明をほとんど聞かずに買ってしまう方なんかは非常に多いです。よくありすぎるケースですと「これから先、一生使うから奮発した」と10万円を超えるセミモジュールの普通型自走式車椅子(背はり、足の高さ、座面の張り等を調整可能だが、素人が調整しても上手くいかないので通常はリハビリ職に介入してもらい調整ありきでレンタルする自分で車椅子を漕ぐタイプ)を見ます。
いいですよ…。そのまま一生使えれば…。もう買ってしまっているのだから使わないと勿体無いし…。ただね…。元気になっていく過程で、歩行器とか杖とか使えばもっと良くなるなーと思っても「高かったから車椅子でいい」とか言われるとねえ…。
逆に座位姿勢が全くとれないのに普通型車椅子に乗せてとか…。体格小さいならまだしも、大きな人だと車イスからゴロっとひっくり返るリスクが大きいですよね…。

                                        買っちゃったらもう精一杯様子見て、切り出せるときに切り出すしかないのですが、まだ買っていないのであれば私は例え話として赤ちゃんの話をします。
赤ちゃんは保育器→ゆりかご→ベビーベッド→歩行器→自転車→と変わって行きます。生まれて二年も経てば通常は保育器やゆりかご、ベビーベッド、歩行器なんかは絶対要らないですよね。更に言えば電動ゆりかごとか高いですけど、アレでだまされる赤ちゃんとだまされない赤ちゃん居ますよね?ベビーベッドも夜鳴きが酷い子は即時荷物置きになりますよね?
いつまで使うか分からない。もしかしたらほぼ使わないものは買わないほうがいいです。介護用品は専用部品が多いので壊れると結構高くつきますし、汚れをキレイにするのはすごく大変です。介護用品は汚れるのが前提なので、いくら汚しても喜んで引き取ってくれますし、不具合があればそれこそ命に関わるので場合によっては本当にすぐ来てくれます。


一例として介護保険内使用し一般的で安価な車椅子を2年半くらい借りないと購入時の金額に追い付かない事を伝えます。車椅子も元気になれば歩行器が必要になるし、悪くなればリクライニング(寝て座る大型のものだろう)が必要である事を伝えます。ベッドも同様で、大型家具屋さんで買ってくる家族さんを見ますが、大体買ってきた利用者さん想いの家族さんが大概使う事になりますね。
高級家具店にあるベッドで3モーターのベッド(頭と膝と高さが変わるモーターが三つ付いているベッドの事だろうに説明せんか)等ならば問題なく利用者さんが使えますが、大体のお宅は量販店のようなところで使わなくなってもいいようにとソファーベッドを購入されます。
ソファーベッドは高さが低めに作ってあるので筋力低下や、動作に支障が出ている方は布団よりマシ程度で思ったほうがいいです。更に自力で起き上がれない方の為にベッドを買ったのでしょうが、大規模な粗相(大人な皆様は文面から理解するだろうな)を繰り返したりするとマットレスがダメになりますので、ソファーとしても使えなくなるので、使い終わった後の心配は要らないです。
早い方ですと1週間もすればかわいそうですが粗大ごみに行くか、消臭剤漬けにして、上からカバーをかけてソファーになっていたりします。
中途半端な高さだと立ち上がろうと前のめりに転倒するリスクしか増えなかったりするので布団からハイハイで移動したほうがよっぽど良い時もあります。
ベッドに関しては1000円前後でそれなりのものが借りられます。15万で仮にそれより劣るものを買ったとしても150ヶ月間使わないと割に合いません。
おそらくその間に15万で買ったベッドはリモコンあたりが壊れます。借りたものは借りているのですから壊れたら取り替えてくれます。
家で最期を迎える方は30万くらいのベッドでようやく借りなくても大丈夫と言えるものが手に入ります。
ですが30万を支出しても、その効力を味わうのはご自身で体を持ち上げられなくなり、ご飯をベッドで食べるようになるわずかな期間だけです。
安かろう悪かろうの世代で過ごした中高年の方々にはにわかに信じられないと思いますが、しっかりと説明し、納得してもらって介護保険を勧めるべき点です。
仕組みを説明すると車椅子を1000円出して借りていると思うからいらぬ疑いをかけてしまいますが、レンタル料金1万円で借りる車椅子を介護保険で90パーセント負担するから1000円で借りられる。
病院にかかっても65歳以上は3割負担から1割負担になっている事を例題にあげれば多少納得していただける事もあります。
殿方にはそれでも購入思考が強い方もいます。そんな時は相手の顔色をうかがいつつ(殿方とは些細な事で激高するからのう)一般的な想定される経過と必要になる道具を列挙していくと払えない、借りたほうが良いと納得される方もいますが、これはほんのごく一部なので、購入思考が強い方は信頼関係を構築してから福祉用具を進めた方がいいかと思われます。

 

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418
にて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。三本木さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラ
宜しければこちらもポチッとお願いします。 

      

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方は今すぐクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇