ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

Jリーグ選手で就労B立ち上げ養蜂場をクラウドファンディングで畑尾大翔

ザスパクサツ×就労Bで養蜂クラウドファンディング『株式会社 PiiS Road』

f:id:keamanekaigo:20220203215057p:plain

 

1月24日、ザスパクサツ群馬のDF畑尾大翔が会見を開き、今年4月の「障がい者就労支援継続事業B型事業」の開始に向けて『株式会社 PiiS Road』を設立すると発表。
クラウドファンディングもスタートした。
 株式会社PiiS Roadのクラウドファンディングはこちら 畑尾はもともと、「PiiS FLY(ピースフライ)」という一般社団法人を立ち上げ、病院や特別支援学校、児童養護施設への訪問をしてきている。
その背景には自身が早稲田大学在籍時に肺血管に血が固まってしまう慢性肺血栓塞栓症という重い病を患い、サッカーを奪われ、2年の闘病生活をした経験がある。
 「闘病中、大学時代のサッカー部の支えと『サッカー選手になりたい』という夢がなかったら、前向きになれなかったし、治療方法も探していなかった。そして、この経験こそが自分の強みであり、これを伝えていくことがお世話になった方への恩返しであり、使命。その思いが現在の活動、事業へとつながっています」
 「障がい者の方たちには、18歳まで特別支援学校はありますが、その年齢を過ぎたとたんに、社会的な居場所がなくなります。施設に行くか家族の介護。その現状を知ったときに、この事業を思い付きました。障がい者と健常者、みんながなんとなく引いてしまっている垣根をなくすことが最終目標です」と語った。 
そして、この最初の作業所では、事業の一つの柱として「養蜂」を取り入れるという。

 

 


 ヨーロッパでは、養蜂に関わる作業は「障がいを持った方に適した仕事」として推奨されているとのこと。
単純作業の繰り返しであること、違いを見つける能力に優れているので、たくさんのミツバチの中から一匹だけいる女王蜂を早く見つけられること、など障がいを持つ作業者と相性がいい仕事だとされる。
 また蜂蜜は、消費期限が長く、廃棄部分がほとんど出ないこと、さらにお菓子や化粧品にも活用できることから将来的に物販やカフェ運営の可能性にもつなげられるという。
この事業であれば、継続的なサポートと自立するための経験が積め、技術を身につけるという将来的な目標にもつながる。
 事業スタートに向けて、クラウドファンディングを1月31日に開始。目標である1,000,000円は、2日で達成したが、さらなるサポートにつながる賛同者を現在も募集している。 「今度は僕が支える番!」という熱い思いとともに始まった畑尾のデュアルキャリアを応援したい。クラウドファンディングにはこちらで行える。 

camp-fire.jp

(引用ヤフーニュース)

 

 

どうもケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

今すぐコチラをブックマーク&毎日読むだけで、介護福祉士、介護支援専門員の試験勉強、職員スキルの向上が目指せます。

今すぐブックマーク⇩⇩

keamanekaigo.work

 

 

Instagramのストーリーで毎日ブログをお届け中。

登録するだけで、アナタはレベルアップ確定!!

https://www.instagram.com/kousikikeamanekaigofukusisi/

 

f:id:keamanekaigo:20220103113319j:image

今年から本気で物乞い始めます⇧⇧

(ペイペイID keamanekaigo)ペイペイIDは➡https://qr.paypay.ne.jp/sKTsvMpH5bdyssP5

  

現役Jリーガーが就労Bを立ち上げるのにクラファン?

f:id:keamanekaigo:20220126211441j:plain

クラウドファンディングは秒で達成!!

めっちゃ素敵な話ですよね。

しかもあっという間に支援金が集まって開所に繋がる…。
現役Jリーガーがって言うのも【公式】ケアマネ介護福祉士的にはポイント高い所ではありますね。
現役を退いてからよりも、
『もともとめっちゃめちゃ作りたかったんです。これをずっと前から夢描いていたんです。』
って言う感じがにじみ出ている感じですもんね。

就労Bに養蜂がいい?

ちょっと何がピッタリなのかはちょっとわからないし、調べてもちょっとやっぱりわからなかったって言うのが正直なところ…。
(養蜂自体が昔のやり方と最先端技術とが混在していて結局どれがポピュラーな手法なのかがわからなかったので、特製の活かし方も全く分からなかった…)
まだまだ勉強不足だなと痛感はしましたが…。

とりあえず、全国に就労Bで養蜂場を経営している所はスッゴイ多くて、20か所程ある…。

なんか、イメージ刺されたら大変だから就労Bとはかけ離れているんじゃないかと思ったんですが、今は土台ハニカム的な巣箱が元々人工的にあって、なんか良く分かなんないんですけどボタン一つで勝手にはちみつを採取するみたいですね。

だからほとんど巣箱には近づかなくていいんだとか…。

まあ最新のやり方がポピュラーなのか、昔みたいなおっきい箱みたいなのの中に板がバーッて刺さっているやつが主流なのかはわかりませんが…。

 

加工のしやすさは確かに…

確かにはちみつを自分たちの就労Bで作っています。
そのはちみつを作った商品ですってなれば売り出しやすいですよね。
就労Aの事業所を展開してレストランやカフェも視野に入れられる目玉…。


就労Bとしても加工して販売…。
たいていのお菓子に入れることができる。
はちみつ自体の単価も高い…。
二次加工するには賞味期限も長く、冷凍保存とかも必要ない。
虫とかが混入しないように注意するぐらいですもんね?
管理するにはすごく楽なものですよね。
(違っていたら教えてください。)

どこかで失敗しても何回でも使いまわせるチョコレートが就労支援にはちょうどいいみたいなのも見ましたが、もしかして結局特性をどう組み合わせるかの話であって、最早出来ない事なんかないんだろうな…。
って思っている【公式】ケアマネ介護福祉士なのでしたが…。

 

■就労Bの工賃や補助金不正受給が昔から問題にはなっているよね…

f:id:keamanekaigo:20220119212119j:plain

★良くも悪くも問題になっている工賃問題

就労Bに関しては最低時給を守る必要がありません。
何故なら労働ではなく就労継続支援。
あくまで支援の一環だからって事みたいです。
就労の支援だから雇用しているわけじゃないので最低賃金も当てはまらないってことです。
確かに来ただけで工賃が発生したりとまるで窓際社員みたいなことも可能ですよね。

そして、就労Bの多くは補助金で賄われる部分も多いのでそんなに事業として収益が上がらなくてもいい…。
そんな仕組みです。

ですので、ある程度軽度で作業をこなせる人はただ寝ているだけの人間と同じ工賃だからトラブルになったりも…。

まあどこの会社にもある話だけどね…

悲しい話ですが、別に働く人と、働かない人がいるのはどの世の中にもいて、特に日本は年功序列がまだ脈々と受け継がれているので、働かないけど自分より多く給料もらってるとかは当たり前…。
まあそうやって割り切れる人間が多いか少ないかの話も、別に障害が有る無し関係ないんですけどね…。

 

【公式】ケアマネ介護福祉士的にはクラファン集めるためだけのスポンサーマスコットと一部で騒がれている方が気になる…

f:id:keamanekaigo:20211203230607j:plain

真偽は周りの人しかわからないだろうけど…

病院とか特別支援学校に元々寄付していたって言うのが嘘くさいとかチラホラネットで見かけましたが、確かに今から会社を立ち上げて就労B…。

サッカー選手じゃなかったらぽっと出の給付金目当ての怪しい会社に見えなくもないですね。

特に掲げているスローガンの
【養蜂で「経験・自立・安定した収入」を共に目指す!就労支援事業立ち上げのチャレンジ】

って言う所で、普通に養蜂場を運営しただけだと安定した収入って言うのが、全国平均就労Bの工賃から行くと月2万円いかないくらいになります。

何かその辺の具体策だったり、問題提起が無いと確かに現実を知らない人がかっこいい事だけ言っているように聞こえてもおかしくはないのかなと思ってしまいますね。

多分純粋に障害を持った人の事を考えてくださっているんだろうと思うんですけどね…。

この辺が何とも言えないので、賛成反対両方の意見が出ても仕方ない部分なのかなとも思いますが…。

補助金ありきなのが問題?

といっても、障害のある方がどう頑張ったって健常な人より生産性が落ちるのは当然と言えば当然。

だって、一般就労できない障害を持っている人達が生産しているんですから。

だからと言って、働く権利を奪うことになってはいけないし、労働は国民の義務なわけですからね…。

ただ、必要以上に補助金をばら撒いていたおかげで就労系の邪な施設が多くなってしまったのは間違いありません。

本当に補助金詐欺みたいな事業所は結構な数ありましたからね…。

純粋に経営を考えないで就労Bを運営すればそれはそれで労働という意味合いから大きく外れることになる…。

その辺のさじ加減を今調整しているんでしょうけれど、おかげで利益とか、労働とかをちゃんと考えられていなかった事業所とか、お金儲け第一主義の事業所とかが潰れて、行き場を無くした利用者さんがあふれかえっているのも事実です。

実験のように補助金を出しまくって事業所を作って、締め付けを強くして数を減らしていく…。

まるで介護保険の小規模多機能施設みたいですね…。

  この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて【公式】ケアマネ介護福祉士が受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

 

 

 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓